運動会ワールドキャラバンとは?

世界中で日本文化である“UNDOKAI”を広げることにより…



一、日本が誇るスポーツ文化の価値を伝えたい。
一、世界が抱える、様々な社会問題を解決したい。
一、世界中に新しい市場を創出する。

運動会の起源

運動会の起源はイギリスとされていますが、日本のように競技・演技を行う形式には発展しませんでした。
日本で運動会が行われだしたのは明治時代、初代文部大臣・森有礼が学校制度を作った際、体育の集団訓練を薦めるためにはじめられたと言われています。
しかし、当時は校庭がなく、お寺や神社の境内を借りて行ったことから、地域の方も一緒に参加するようになり、誰でも楽しめる娯楽性の高い競技が行われ、日本中に広まったと言われています。

現在、運動会でおなじみの「玉入れ」はバスケットボールを変化させ、「騎馬戦」は誰が政治のリーダーになるかを競う姿をゲームにしたものでした。そして「綱引き」は、秋にたくさん作物が実ったり、たくさんの魚が捕れたりするのを祝うための、地域行事が姿を変えたものでした。そのため、運動会は秋に行われるようになったのです。

日本における運動会の意義

日本の学校では教育の一環として、また企業では社内レクレーションとして「運動会」は大変人気があり、日本の誇れるスポーツ文化の一つです。
運動会は単にスポーツ競争ではなく、身体能力や年齢、性別関係なく競う要素を含み、チーワークが求められる競技が多いのが特徴です。

  • 学校教育の中での運動会

    日本の学校の場合、通常1ヶ月くらい前から、授業の中(体育の時間)などを使い入場行進や体操、ダンスの練習、競技の練習などを始め、前日に全体リハーサルを行い、本番に備えます。
    運動会を通じて、集団行動、チームワーク、統制、努力、競争意識、健康づくり、等を学びます。
  • 地域の運動会

    地域住民との交流を深めることで、住みやすい街づくりを目指しています。
    犯罪抑制にもつながり、老人や障害者の助け合い、孤独死の抑制、等に寄与すると考えられています。
  • 企業の運動会

    日本では、組織の一体感醸成、コミュニケーションの活性会、健康増進、離職率の改善、家族への感謝還元、等を目的として、会社全員で盛大な運動会を行います。

コメントは受け付けていません。